悩みや気がかりだったことが紙に書くだけでスッキリ解決する理由

この記事では、『悩みや気がかりだったことが紙に書くだけでスッキリ解決する理由』を紹介します。

悩みごとや気がかりなことがあると、頭の中がモヤモヤしてなんだか落ち着かないですよね。

頭の中のモヤモヤを解消するのにおすすめの方法は、悩みや気がかりなことを紙に書き出すことです!

それでは何故、紙に書くだけで悩みや気がかりだったことがスッキリ解決するのか理由についてお話しします。

紙に書くだけでスッキリ解決する理由

紙に書くだけで悩みがスッキリ解決する理由について、ご説明します。

  1. 悩みや気がかりだった内容が明確になる
  2. 解決のために必要なことが見えてくる
  3. 解決のために必要な行動がとれるようになる

 

1.悩みや気がかりだった内容が明確になる

頭の中で考えているうちは、悩みや気がかりに思っていることも漠然としています。

極端なことを言うと、何について悩んでいるのか説明できない状態です。

悩みを紙に書くことで、自分が何について悩んでいるのかが明確になります。

書くまでは漠然としていた悩みや気がかりだった内容を言語化することで、問題点が浮き彫りになり頭の中が整理されるのです。

 

2.解決のために必要なことが見えてくる

頭の中を支配していた悩みの内容が明確になることで、どうすれば解決できるのか考えられるようになります。

解決のためにどうすれば良いか、思いつくことをそのまま紙に書き出してみましょう。

 

3.解決のために必要な行動がとれるようになる

解決のために必要なことを思考して書いているころには、悩みや気がかりだったことに対して頭がモヤモヤしていた状況はすでに脱しています

書く前はただ漠然と頭をもたげていた悩みや気がかりだったことが、紙に書き出すことでどうすれば解決できるのか必要な行動が明確になっていくのです。

 

Sponsored Link

思考を整理するためにも書くことは欠かせない

人間の脳は、1日に3万~9万回のことを思考していると言われています。

悩みや気がかりなことがありながらもその一方で、夕飯の献立を考え、次の瞬間には週末の天気予報や、はたまた仕事の段取りを気にしているのです。

この文章を読みながらも、頭の中では全く別のことを何十回と考えているのです。

 

そんな慌ただしく思考をつづける頭の中で、悩みや気がかりなことだけに集中しながら解決案まで模索することは容易ではありません。

 

紙に書くというシンプルな行為が、慌ただしく思考している頭の中から問題点を明確にしてくれます。

漠然としていた悩みや気がかりだったことを言葉や文章にすることで、解決に必要な行動まで明確になっていきます。

紙に書く前は、非常に複雑に思えた悩みも、いざ書き出してみると意外とシンプルであっさり解決できることもあります。

 

頭の中で考えるだけでは、頭が混乱しています。

紙に書き出すことで問題点を浮き彫りにして、解決の糸口をつかみ取りましょう。

今まで紙に書く習慣がなかったという人に、ぜひ実践していただければと思います。