批判が怖くてブログで本音が書けないあなたに思い出して欲しいこと

わたしがブログを書きはじめてすぐの頃、自分の書いた記事が人に読まれることを望んでいるのに、読んだ人がどう思うのか不安になったことがあります。

批判が怖くてブログで本音を書くことに躊躇しそうになりました。

他人からの評価が気になって自由に自分の考えを文章にして発信できない。

 

批判をおそれて本音が書けなくなったわたしが見えない恐怖・ジレンマから抜け出せたのは本来の目的を思い出すことができたからです。

批判をおそれて本音が書けない原因

人の評価を気にしてしまうのは傷つけられるのが怖いから。

人からの評価を気にするあまりに本音で発信することを躊躇う(ためらう)ことがあります。

「こんなことを書いたら炎上するかも」
「誰かの反感を買ってしまうかも知れない」
「しょうもない奴だと思われたくない」

 

読んでくれた人全員に好かれ、スゴイと思われる内容の記事をあなたは書けますか?

みんなから良い評価をしてもらう事はできません。

 

トップブロガーと言われる人達も炎上したり、心ない中傷を受けたことがあるはずです。
でも一部の人からの批判や中傷以上に支持され、考えに共感している人たちがいます。

自分を否定されたからと言って、読んだ人全員に否定されるなんて事はないでしょう。

あなたは嫌われたくない気持ちが強すぎて、誰からも好かれるなんて事は不可能だということが見えていなかっただけです。

できることなら、自分を否定するような状況とは無縁でいたい。
それはみんなが抱く、ごく普通の感情だと思います。

その思いを無理やり消そうとする必要は全くありません。

しかし、他人の目や批判されることを気にするよりも大事なことに気付くことが賢明です。

 

Sponsored Link

ブログを書く本来の目的を思い出してみよう

他人からどう見られるのかを気にするあまり、自分の言いたいことを遠回しに表現する。
あえて断言しないように文章にすることは簡単です。

でもそれはあなたがブログを通して書きたかったことでしょうか?

 

あなたがブログを書く目的は、人に嫌われないためですか?

それとも、自分の思いを自由に発信するためですか?

 

本来の目的を見失っては、自分が歩みたかった道から外れ目的地まで遠回りすることになるか、いつまでたっても目的を果たせなくなってしまいます。

他のことに惑わされず自分に素直でいることこそ、自分らしく歩んでいく唯一の方法です。

 

批判が怖くて本音が書けないあなたに心掛けていて欲しいこと

批判をおそれず自分の心に正直にブログを書くために心がけて欲しいことは、本来の目的を忘れずにいることです。

 

ブログを立ち上げたあなたの目的は何でしたか?

  • 自由に自分の考えを表現できる場所が欲しかった
  • 自分の価値観を共有してくれる人と出会うきっかけの場所にしたかった
  • 普段言えないこともブログで吐き出したかった
  • 自分の本音をありのままに文章したかった
  • 自由に生きていくために必要な手段の一つにしたかった

 

では、他人からどう思われるかを気にしてあなたの目的は達成されますか?

自分に素直でいることは簡単ではありません。

ですが目的を自分の中で明確にしておけば、そこから外れることはありません。

 

Sponsored Link

さいごに:批判をおそれてブログで本音が書けなかったあなたへ

「よし!自分の目的意思をしっかり認識しておいて自分に素直でいよう」と意気込んでみてもすぐに変れるほど、たやすくはないです。

これから先も、他人の視線が気になる出来事には遭遇します。

しかし、そのたびに言い聞かせましょう。

 

万人に好かれるわけはない。

しかし万人に嫌われることもない。

あなたの目的は、誰からも好かれる当たり障りのない内容を発信することではないですよね。

 

こんなことを書いたら読んだ人になんて思われるだろうと心配になることがあります。
それでもそのたびに私は自分に問い、一番大切な本来の目的を思い出すようにしています。

少しずつですが、他人からの評価を気にする場面が減りました。

 

人は短時間で改善する簡単な方法を好みます。

ですが、地味でも自分が望んだ目的を満たすために改善できるのならば、自分にその都度言い聞かせるぐらい簡単なことではないでしょうか。











ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、はじめまして。 ブログに無限の可能性を感じている、雑記ブロガーの『ただみちる』と言います。 『ブログ』・『成長する方法』・『生活』・『レビュー記事』をメインに発信しています。