計画倒れを防ぐ!目的を成し遂げるために必要なこと

この記事では、目的を成し遂げるために立てた計画が『計画倒れになることを防ぐ方法』を紹介します。

目標を達成するために決めた計画も、計画倒れで終わっては意味がありません。

計画倒れを防ぐためには、あなたが立てた計画と現実とのあいだに生じている誤差を把握することが大切です。

計画と現実のあいだに生じている誤差を把握していれば計画倒れに終わることはありませんので、目的を成し遂げることができるようになります。

計画倒れに終わる理由

計画倒れとは、計画しただけで実行までいたらないことを指します。

 

実行までいたらずに計画が破綻するのは、計画自体に無理があることがそもそもの原因です。

実行可能な計画を立てるために必要なのは、計画と現実との間に生じている誤差を縮めることです。

 

Sponsored Link

実行不能な計画になっていないか?

計画と現実との間に生じている誤差を確認する方法をご紹介します。

 

※目標を達成するためにあなたが今日やるべきこと=タスクと称して説明します。

ノートとペンを用意して取り組んでください。

 

  1.  目的達成のために今日やるべきタスクを箇条書きにする
  2. 1つのタスクに必要な予想時間をタスクごとに記入
  3. 今日のタスクに優先順位を決めて、着手する順番を決める
  4. 着手する順にタスクを書き直し、横に予想タイムを書き加える
  5. 1から順番にタスクを実行していく
  6. 1つのタスクが終わったら、実際にかかった時間を予想タイムの隣にメモする
  7. 予想タイムと実際にかかったタイムの誤差を書き留めていく

 

計画倒れになる原因は、計画と現実の間に生じる誤差が原因です。

この誤差を把握するために①~⑦の手順を実行することで、計画のどの部分に問題があるかを把握できます。

誤差を把握することで問題点が浮き彫りになります。

例えば、

・各タスクを実行するのに、予想時間を短く設定しすぎている
・1日にできるタスクの量を超えている
・予定が狂った場合に調整する時間を設けていない

自分自身が実行不能な計画を立てていたことに気がつかないと、改善することはできません。

 

計画や予定は詰め込みすぎるからいいというわけではありません。

実行できないまま計画倒れに終わっては、何の意味もなさないからです。

 

計画が遅れるとはじまる悪循環

 

計画した通りに物事が進まないことで悪循環に陥ります。

悪循環①予定通りにやるべき事が終わらない
《焦りが生じる》

悪循環②どんどん予定より遅れて計画と現実の差がひらいていく
《時間に追われていく》

悪循環③遅れている時間が気になり、タスクに集中できない
《焦りだけが積もる》

悪循環④必要以上に1タスクをやり終えるまでに時間がかかる
《集中力がなくなり、何をするにも必要以上の時間がかかる》

 

計画したことが狂い出すと、①から④の悪循環を繰り返すことになってしまいます。

 

Sponsored Link

計画と現実の誤差を把握することの意味

計画と現実の誤差をノートに書いて把握することが必要なのは、計画作りに必要なことを理解することができるからです。

 

  • 計画を実行するのにかかる時間を正しく見積もれるようになる
  • 1日にタスクを詰め込みすぎない
  • 実行できない計画を立てて、できなかったことに対する不満を抱くことがなくなる
  • 実力に伴った計画を立てることが可能になる
  • 現実的に実行可能な計画作りができるので、目的を成し遂げられる

 

まとめ:計画倒れにならないために

 

計画倒れでおわらないためには、実行可能な計画を立てることが大切です。

実行可能な計画を立てるために、計画と現実とのあいだに生じている誤差を把握することからはじめましょう。

誤差を把握して終わるのではなく、あなたの計画が実行可能な計画になっているかどうかを見直してみてください。

 

人間はただでさえ、自分ができる時間を実際よりも短く見積もってしまう傾向があります。

うまくいかない場合や予測できない事態が生じることも頭に置いて、計画が狂ったときに調整できるように時間にはゆとりをもって計画を立てましょう。

目的を成し遂げるために焦りは禁物です。

 

最短で目標を達成したい!というあなたには、【『最短で目標を達成する!PDCAノート』を実践した感想】記事が参考になります。

『PDCAノート』は手放せない1冊

『最短で目標を達成する!PDCAノート』を実践した感想

2018年2月28日