表現することが苦手な人は、今すぐ言語化トレーニングをはじめよう

言語化のトレーニング方法

「苦手な言語化をトレーニングで克服したい」

「言語化のトレーニング方法が知りたい」

「思考をありのままに言語化できるようになりたい」というあなたに向けて『自分の伝えたいことを思いのまま言語化するためのトレーニング方法』をご紹介します。

 

今日からすぐに取り組めるトレーニング方法や言語化に役立つ本について紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

言語化が苦手な理由

思考を伝えることが苦手な人にとって、物事を説明すること、自分の気持ちを思いのままに伝えることは難しいですよね。

 

  • 方法は知っているけど、頭の中で整理して上手に言葉にすることができない
  • 言葉に出してみたけど、言いたいことが伝わった気がしなかった

 

    それは、あなたが自分の思考を表現するための言葉や言葉の意味を知らないことが原因です。
    つまり、心情などを言葉に表して伝える言語化が苦手ということなんです。

 

あなたが抱いている「言語化できない」という悩みは、言語化のトレーニングで克服できます。

普段から気軽に取り組める『言語化トレーニング』を積むことで、あなたも自分の気持ちを思いのままに伝えることができるようになります。

 

コミュニケーションをとることが今まで以上に楽しくなりますよ。

Sponsored Link

言語化のトレーニング方法

これから、具体的な言語化のトレーニング方法について説明します。

 

  1. 気持ちを言語化する練習を積み重ねよう!
  2. 自分の思考を発信できる場所を見つけよう!

 

1.気持ちを言語化する練習を積み重ねよう!

あなたがが抱いている他愛もない感情を、100文字程度の文章にすることです。

 

たとえば、あなたの好きな俳優を思い浮かべてください。

そして、その「俳優が好きな理由」を100文字を目標に文章にして実際に書いてみましょう。

わたしがこの俳優に惹かれるのは、外見がかっこよくて魅力的だから。
しかし、一番魅力に感じるのは出演している作品ごとに別人に見えるくらい演技が上手いから。
いつも時間を忘れて夢中になってしまうくらいこの俳優が好き。 

慣れてくると自分の言いたいことを文章にすることが楽しくなります。

 

今まで苦手だと感じていた言語化は、トレーニングを積み重ねることで慣れていきます。

文章にすることで、自分が抱いていた思いを明確にできるというメリットもあります。

 

2.自分の思考を発信できる場所を見つけよう!

自分で思ったことを紙に書くだけのトレーニングよりも、見てくれる人(読み手)がいる場所を持つことで表現力・言語力はより強化します。

具体的には、Twitterやブログを利用して自分の考えを発信する方法です。

 

本名で公開する必要はありませんし、Twitterも別アカウントから発信することで知り合いには気付かれずに言語化の練習ができます。

無料ブログも自分の好きなハンドルネーム(偽名)を使って、今すぐはじめることができます。

 

思いのまま思考を表現できるようになるには、練習を積む重ねることが大事です。

自分以外の第三者が読むという背景があるだけで、思考を言語化する意識も高めることができます。

 

自分の思いをピタッとくる言葉で表現するには、たくさんの言葉の意味を知ることも必要です。

思考を表現したい気持ちが強くなるにつれて、あなたは無意識のうちにも多くの言葉を知ろうと動き出します。

そうして自分を表現する機会を増やしていき、表現することが好きになる自分を引き寄せることができます。

 

言語化できればコミュニケーションが円滑になる

表現することが苦手だと感じている人は、自分から積極的に人と話すことに躊躇します。

そして自分の思考を表現する機会を、自ら遠ざけてしまうのです。

これでは自分が望むことと現実のギャップがひらいていきます。

苦手なことに気付けているのに、改善することができません。

 

思考を思いのままに表現することが可能になれば、人とのコミュニケーションが円滑になり、人と接することも今よりずっと好きになります。

 

あなたはこのまま、苦手意識を持って表現することにストレスを感じながら過ごしたいですか?

思考の表現は言語化のトレーニングを積み重ねることで改善できます。

 

Sponsored Link

さいごに:苦手な言語化を克服するトレーニングをしよう

「表現力が豊かになる」と聞いて読書をはじめたけど、一向に改善した気がしない。

いろんな本を読んだけど、表現することが苦手。

より強く自分の苦手を克服しようと思っている人こそ、本などで情報を仕入れ改善するための方法を模索してきたと思います。

 

わたしも以前から読書には得られるメリットも多いと聞いて実践してきました。

ですが、本を読むだけでは自分の血肉にはなりません

 

必要な情報を読んだだけで、わかった気になることはできます。

一歩進んで自分の得た情報を実践する人と、読んだだけで終わる人のあいだにはハッキリと差が生まれます

 

書籍「言葉にできる」は武器になる。では、伝わる言葉を生み出すために言葉を2種類「外に向かう言葉」「内なる言葉」にわけて思考を深め言葉にする力を手に入れる方法が紹介されています。

あなたが自分の思考を自由に言語化できるキッカケになれば幸いです。

 









ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、はじめまして。 ブログに無限の可能性を感じている、雑記ブロガーの『ただみちる』と言います。 『ブログ』・『成長する方法』・『生活』・『レビュー記事』をメインに発信しています。