『ブログが書けない』経緯や理由、気付いたこと【体験談より】

この記事では『ブログが書けない』体験から気付いたことをご紹介します。

 

わたしがブログをはじめたキッカケは、雇われるのではなく自分で稼げる人間になりたいと思ったからです。

文章を書くという習慣も全くない状態でゼロからはじめました。

わたしがブログを書く理由は、自分の未来を変えるためです。

 

それでも・・・ブログで記事が書けなくなりました。

思い通りにいかないこともありますよね。

ブログが書けない、経緯と理由

有名ブロガーの記事を読むことが、ブログをはじめてから毎日の日課になっています。

今日もいつもと同じように読んでいました。

そして、いざ自分のブログ記事を書こうとすると、構成もままならず文章を書く手が止まったまま、なんと十時間以上も時間が経過してしまいました。

 

何故書けないかは気付いていました。

それは他のブロガーの方が書いた記事と、自分が書いた文章を比較してしまったからです。

 

Sponsored Link

ブログが書けない理由は、比較して落ち込んだから。

比較してしまったからには、自分を肯定するために視野を広げてみることにしました。

ひとり落ち込んでしまったけれど、そこから自分で立ち上がるためです。

 

有名ブロガーの記事内容が読みやすく分かりやすいのは、わたしよりも数十倍~数百倍ブログに時間を費やしてきたからだ。

ブログに書けた時間がそもそも違うのだ。

 

比較して落ち込む必要なんかない

何もかも違うのだから。

 

ブログが書けない状態で葛藤した気持ち

他人との比較よりも自分がまたブログを書き続けるために、どうすればいいかを考えなくてはなりませんでした。

  • 少し休んだらまた書けるかも知れない
  • 気分を変えて、また明日からとりかかれば書けるようになるかも知れない
  • 今日はなにも考えずにゆっくり休むべきかも知れない。

 

それでもパソコンの前から離れることができませんでした。
それくらい、いまこの場から離れることに抵抗を感じました。

 

ブログを書くことで私にこの先どんな変化があるか分かりません。

こんなことは言いたくないですが、自分の望む未来が手に入る保証もありません。

 

それでもわたしが今ブログを書くことを完全に止めてしまったら、自分の望む将来を自ら手放すことに繋がることだけはわかります。

だから何があっても書くことを止めるわけにはいきません。

 

Sponsored Link

書けなくなってもいい。成功するまで継続するから

ブログをはじめたときに、決めたことがあります。

成功するまで、継続すること。

その決意が自分を持ちこたえさせてくれているのかも知れません。

 

継続することは簡単ではないと分かっていました。でもこういうことを経験すると、より簡単ではないと実感します。

それでも自分の未来のために、これから先もブログは続けます。

 

改めて決意できました。日記のようになってしまいましたが率直な気持ちを、今の自分にできる精一杯の表現で文章にできました。

これからも自分自身の未来のために、今できることを考え実行していきます。