自分を卑下する言葉があなたに与える影響とは?知らないと怖い言葉の力

言葉の威力

いきなりですが、あなたは「自分を卑下する言葉があなた自身にどのような影響を与えるのか」考えたことはありますか?

この記事では、知らないと怖い自分を卑下する言葉や口癖があなたに与える影響についてご紹介します。

 

有名な名言で、マザー・テレサが残したと伝えられている言葉があります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

この言葉を聞いてあなたは何を感じますか?

わたしは、様々な事柄に当てはまり的を得ている言葉だと思います。

 

この名言が指摘しているように、言葉には運命をも変えてしまう強い力があります。

自分を卑下する言葉が与える影響、言葉が持つ強力なパワー

冒頭から言葉には運命を変える威力があるという話をしていますが、次の2つの言葉から考えてもらえると分かりやすいと思います。

「あなたは何をやってもダメな人間だね」
「あなたは何をやってもうまくいく人間だね」

この2つの言葉は、それぞれどんな影響を与えるでしょうか。

 

次に、この2つのうちどちらかの言葉を365日毎日言われ続けるとしたら、あなたはどちらの言葉を選びますか?

もちろん後者だと思います。

それは前者の言葉があなたに与えるのは、あなたを否定する言葉でしかないからです。

 

Sponsored Link

あなた自身の言葉は100%耳に入ってくる

他の人が放つ言葉を全て聞き逃さずに100%耳にすることは不可能です。

しかし、あなたが言い放つ言葉は、全て自分の耳に入ります

もしあなたの口癖が、ネガティブで自分を卑下する言葉だとしたらどうなるでしょうか。

 

「どうせ、わたしなんて・・・」
「わたしに、できるわけがない」
「わたしには、なにも良いことがない・・・」

このような言葉は自分で自分を否定していることになります。

そして口癖になってしまっていると言うことは、自分を否定し続けていることと同義です。

恐ろしくなりませんか?

 

今からでも、遅くありません。
気付いたのならそこから変えることができるからです。

自分に優しい言葉をかけられるように意識することからはじめてみましょう。

 

自分の発言を前向き・ポジティブにする重要性

いつも前向きで何かをやり遂げる人は、自分を卑下したり、自分を否定するような言葉を発しているでしょうか?

いつも前向きで肯定的な発言をしているはずです。

 

あなたのこれから先の未来を今より少しでも良くしたいと思うのであれば、より前向きな発言を心掛けることから始めてみてください。

マザーテレサの名言を借りるなら、こういえます。

 

前向きに物事を考えられているから、ポジティブな発言ができるようになります。

その発言は、あなたの行動や習慣をも変化させます。最終的には、性格や運命にまで影響を与えます。

 

それがたとえ、ネガティブな言葉でもポジティブな言葉でも、です。