【克服】失敗ばかり恐れて行動できなかった私が変わった理由

失敗が怖くて行動できなかったわたしが、やりたいことを見つけて、失敗よりも挑戦することを大切にできるようになりました。

今と昔を比較できるようになって、失敗を恐れて行動しなかった頃は毎日をたんたんと過ごして勿体なかったと感じます。

 

失敗しようがなんだろうが、新しいことに挑戦した証拠が“失敗”だと捉えるようになって人生変わりました

 

失敗だって愛おしいです。
なぜなら、新しいことに挑んだ証拠だから。

 

失敗の恐怖を克服したいあなたへ、まずは失敗に対するイメージを変えましょう。

失敗を恐れて行動できなかった理由

とにかく失敗が怖くて行動できなかった理由は、失敗に対するイメージが悪かったからです。

  • カッコ悪い
  • ダサい
  • 恥ずかしい
  • 傷つきたくない

 

Sponsored Link

失敗を恐れて行動しないとどうなるのか?

失敗に対するよくないイメージが先行して動かずにいるとどうなるか分かります?

わたしは失敗を恐れて行動できない期間が長かったので、行き着く先が無であることをよく知っています。現状を維持することで精一杯、そのうち衰退していきます。

 

  • 良くも悪くも変化しない
  • 新しいことに挑まない
  • 成長もしない
  • 経験も増えない
  • 理想は理想で終わり、夢は夢のまま叶わない

 

行動しないのだから、当たり前ですね。

 

失敗の恐怖を克服できたのは『失敗=マイナス』ではないことに気付いたから

  • 失敗よりも、挑戦しないことが怖くなった
  • 失敗に対するイメージ、捉え方が変化した
  • 失敗は新しいことに挑戦、チャレンジした証だった

 

行動できないときの自分は、失敗>挑戦。挑戦することよりも、失敗を嫌っていました。

しかし簡単に手に入らないものが欲しくなり、自分の中でやりたいことが明確になったとき、挑戦>失敗に変化しました。

 

失敗の捉え方が変わると、

「何も挑戦しないなんてイヤだ」
「失敗しても別にいいや」
「失敗は挑戦した証拠だ」
「むしろ、失敗を恐れてなにもしないことが怖い」

と気持ちが変化していきました。

 

失敗という言葉は「失敗=必要な経験」というイメージに変化し、ポジティブに受けとめられるようになりました。

いまでは、失敗を恐れるあまり行動できずにいるほうが怖いと感じます。

 

Sponsored Link

失敗を恐れる人生なんてつまらない。|まとめ

 

1度きりの人生、楽しまなきゃ損でしょ?

たぶん。

 

色んなことに挑戦して、
あたらしい世界を知って、
たくさん失敗して、
それだけ挑戦できたことを自信に繋げていきましょう。

 

失敗の捉え方を変えることで、失敗の恐怖心を払拭してしまおう!』では、失敗の捉え方について詳しくご紹介しています。

失敗の捉え方を変えることで、失敗の恐怖心を払拭してしまおう!

2018.01.28








ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、はじめまして。 ブログに無限の可能性を感じている、雑記ブロガーの『ただみちる』と言います。 『ブログ』・『成長する方法』・『生活』・『レビュー記事』をメインに発信しています。