失敗の捉え方を変えて恐怖心を払拭する方法

この記事では、失敗の捉え方を変えて恐怖心を払拭する方法をご紹介します。

失敗に対してマイナスのイメージが強かったり、必要以上に失敗を恐れることは、あなたの行動を制限し成功することから遠ざける行為です。

 

失敗したくないという得体の知れない恐怖から解放されるための方法が、失敗に対して捉え方自体を変えてしまうという方法です。

「失敗」の本質をただしく理解し、失敗の捉え方を変えましょう。

 

失敗の捉え方を変えるだけで、失敗を恐れずに行動できるようになります。

あなたが望むやりたいことや挑戦したいことに対して、今まで立ち止まっていたことが嘘のように、足枷が外れることでしょう。

失敗の捉え方を変えて恐怖心を払拭するために

割れた卵

1つの出来事に対して感じ方は人それぞれ違いますよね。

それと同じように「失敗」と聞いて抱くイメージも、人それぞれ異なります。

 

あなたが失敗と聞いて負のイメージを強く抱くのなら、少し捉え方を変える手助けをしたいと思います。

たとえば、思い通りに行かなかった場合に、そのまま諦めてやめてしまうか、別の方法を探すかで別れ道が訪れます。

本来失敗とは、うまくいかなかった場合に、他の方法を探さずに諦めてしまうことを指すのではないでしょうか。

 

思い通りにいかなかったという事実だけに着目して失敗と呼ぶのではなく、そのまま諦めてやめることが失敗です。

思い通りにはいかなかったけれど、失敗したことを経験の1つとして別の方法を探す場合は、成功のために必要な失敗=必要な経験でしかありません。

 

Sponsored Link

失敗を恐れる理由

不安

失敗したくないという気持ちが強いのは、なぜなのか考えたことがありますか?

失敗したことに対して、他人の目が気になることも原因の1つです。

  • バカにされたくない
  • 貶(けな)されたくない
  • 笑われたくない

 

失敗せずに最初から全てうまくいって成功することなんてありません。

人目を気にして、失敗することにおびえ行動できないことは、成功するために必要な経験をみずから手放すという、だれも得しない大損な選択でしかないわけです。

 

偉人からおそわる失敗の本質

個人的に、失敗・成功・格言というキーワードから思いつく1人の偉人がいます。

 

発明王の異名を持つ偉人、トーマス・エジソンです。

彼は数多くの名言を残していますが、その一つにこのようなものがあります。

わたしは失敗したことがない。
ただ、10000通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。

-トーマス・エジソン-

 

これはエジソン自身が失敗しても諦めずに、失敗した方法とは別のやり方を何度も繰り返し試していくこと。失敗のたびに立ち上がり数え切れないほど繰り返した結果成功したということですね。

 

偉人と呼ばれる人たちでさえ、失敗なくして成功はありません。

失敗を恐れずに挑戦をつづけた者が成功するということです。

 

Sponsored Link

まとめ:失敗の捉え方を変えれば成功に近づく

この記事では、失敗を恐れずに行動できるように、失敗の捉え方について紹介してきました。

  • 失敗の捉え方
  • 失敗を恐れる理由
  • 偉人からおそわる失敗の本質

 

あなたが失敗という言葉に対して抱いていた負のイメージが、少しでも和らいでいれば幸いです。

これからは、じゃんじゃん失敗という名の経験を積んでいきましょう。

 

【克服】失敗ばかり恐れて行動できなかった私が変わった理由

2018年11月13日