ブログを書くのに時間がかかる5つの理由【原因がわかれば解決できる!】

この記事では、ブログ初心者が1本の記事を書くのに時間がかかる5つの理由と共通する1つの対策について紹介します

記事を書くことに時間がかかると、どうしても1本1本の記事を書き始めることが億劫になり、取り組む前のハードルも上がってしまいますよね。

わたしはブログ開設した当初、1000文字程度の記事でも1本書き上げるのに半日費やすなんてザラでした。

 

ブログをはじめる動機は人それぞれですが、誰しも「ブログを続けていけたらいいな」とスタートするのではないでしょうか。

ブログ初心者にとって1記事を完成させることは簡単ではありません。
しかし嘆くだけでは解決しません。

今回はブログ初心者記事を書くのに時間がかかる5つの理由と、これらを解決するために共通する1つの対策について紹介します。

【ブログ初心者】記事を書くのに時間がかかる5つの理由

ブログをはじめたばかりの人にとって、1記事を書き上げるのは簡単なことではありません。

そして1記事完成までに必要以上に時間を費やします。

 

ブログ初心者が現状打破し、ブログ記事を少しでも早く書き上げることができるように記事を書くのに時間がかかる5つの理由をあげていきます。

 

書けるネタが決まらない

わたしが記事ネタについて考えるとき、色々なネタが思い浮かんでは消えていくことがありました。
その原因は、思いついたネタに対して記事をまとめられる自信がないからです。

ブログ初心者がネタを思いついただけで、完成する文章を完璧にイメージできるわけがありません。

書きはじめる前から頭の中で諦めていては、ネタを決めるまでに相当な時間を要します。

 

書くより考えている時間の方が圧倒的に長い

1.の書けるネタが決まらないにも共通して言えることですが、文章を書くのに時間がかかるのは、慣れていないからです。

慣れないからこそ、「ああでもない、こうでもない。」と頭で考えすぎて時間が経過していきます。

はじめからスラスラ言葉や表現する方法が思いつく人は天才です。わたしは凡人です。

 

言語化できない

ブログ記事を書きはじめてすぐは、自分の思ってることをうまく表現できません。

言語化することに慣れていないからです。

わたしは文章を書き始めてすぐの頃に痛感したことがあります。
言葉のボキャブラリーが少ない。

たとえば、「楽しい」「嬉しい」などの単純な言葉だけで言い表せない事ってたくさんありますよね。

それなのに、いつも同じ言葉の繰り返しで自分が言いたいことが全然文章にできていないと感じました。

なにかの物事に対して、自分の経験や体験談を説明し文章にしたいときも言語化できないもどかしさを痛感しました。

 

こちらの記事では、言語化についてのトレーニング方法を紹介しています。
関連記事:表現することが苦手な人は、今すぐ言語化トレーニングをはじめよう

自分の限界を決めつけない

わたしは1日に1記事書くことに、日々満足していました。
しかし、それ以上に記事を書いている人は存在します。

1日を自由に過ごせるのにたった1記事投稿しただけで満足している自分に腹が立ちました。

もっと努力している人はいる。これは、Twitterからえた刺激となりました。

自分で自分の上限を決めつけないで、自分が今できることを積み重ねていきましょう。

 

諦めない心

すこしマインド的な話になってしまいますが自分の心や気持ちって、行動に直結すると思うんです。

「今日はどうあがいても記事は書けない」って思ってしまったら、自分が諦めている状態なので記事は書けません。

おそらく無理だと思いながら、書きはじめることはできないでしょう。

それなら逆に、「絶対、書ける!」という思いを抱いて取り組めば結果はでるはずです。

 

Sponsored Link

ブログ初心者が記事を早く書き上げるためにできること

ブログ初心者が記事を書くのに時間がかかる5つの理由を書きましたが、解決方法は1つです。

ブログをとにかく書きはじめること

 

書くことで文章を作成する経験を増やしていく。
そして1歩ずつ、書くことに対して成長していくしかありませんよね。

文章を書かないことには記事になりません。

記事を書いていくうちに、文章を書くことにも慣れていきます。

「な~んだ、結局それかよ」と思うかも知れませんが、ブログ初心者にとって書きはじめるだけでも容易なことではありません。

しかし考えるよりも実際に文章を書くことで文章を書く力はレベルアップしていきます。

 

文章を書く力が備わってくると、時間も短縮されます。
それだけではなく、記事自体の質も向上していきます。

ブログ初心者はまず書き始めることに全力を投じることが、さらなる飛躍へと繋がる第一歩です。